宗教ファインダー

数珠 - 宗教ファインダー

数珠

数珠は本来、身代わりにもなる仏具で、これを持つことで功徳があるとされています。
元々はお経をあげる時の回数を記憶するための仏具でした。
なので人から借りるというのではなく、一人一人が持つ事が大事です。
数珠は持っているだけでも災いを取り除き、平穏を得ると言われているので、お通夜やお葬式のみだけでなく日頃から身に付けていても良いのです。

数珠の珠の数には108の煩悩を消滅させる功徳があるという意味で、108珠が正式な数とされています。
宗派によっては数は異なります。

大きさやつけ方によって、片手用、二輪用、二連もの、腕輪、指輪などがあります。
男性用、女性用と分けることもあり、違いは珠の大きさです。
持ち方ですが、座っている時は左手首にかけ歩く時は左手に持ちます。
左手は仏さまの清浄な世界とされ、右手は信仰の世界を歩む私たちの世界を表しているからです。

数珠の珠の種類も増えてきているのでパワーストーンなど石の力の意味を理解して作るといいです。

recommend

貸切バス 東京
http://www.kstravel.co.jp/

Last update:2014/12/11

top